コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林吟右衛門(2代) こばやし ぎんえもん

2件 の用語解説(小林吟右衛門(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林吟右衛門(2代) こばやし-ぎんえもん

1800-1873 江戸後期-明治時代の豪商。
寛政12年生まれ。叔父の初代小林吟右衛門の養子となり,菅笠(すげがさ)の行商をはじめる。天保(てんぽう)2年江戸で呉服店をひらく。京都などにも出店し,のち近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊直弼(なおすけ)を財政面でささえた。屋号が丁字屋なので,丁吟とよばれた。明治6年5月5日死去。74歳。近江出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小林吟右衛門(2代)

没年:明治6.5.5(1873)
生年:寛政12(1800)
江戸後期・明治初期の近江商人。小林源左衛門の3男として近江国愛知郡小田苅村(滋賀県湖東町)に生まれ,7歳のときに東海道の持下り商の,叔父丁子屋小林吟右衛門の養子となる。天保2(1831)年の江戸呉服店開設後,京都,大坂にも出店し,大老井伊直弼の金庫番として政治的活動を裏面から支えた。開港後は通貨や生糸の差額取引によって巨利を得た直後,預金先の京都両替商が倒産する悲運に見舞われたが,沈着な対応により危険を乗り越え,丁吟と呼ばれる有数の豪商となった。危機に際しての冷静な行動に商略家としての面目を存分に発揮した。<参考文献>丁吟史研究会編『変革期の近江商人』

(末永國紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林吟右衛門(2代)の関連キーワード近江商人船師阿部源左衛門石村近江(3代)江頭恒治小林源右衛門建部七郎右衛門中井源左衛門服部善七横田徳右衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone