コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林哥津 こばやし かつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林哥津 こばやし-かつ

1894-1974 明治-昭和時代の小説家。
明治27年11月20日生まれ。小林清親(きよちか)の5女。明治44年「青鞜(せいとう)」の編集助手となり,同誌を中心に戯曲「お夏のなげき」,小説「麻酔剤」などを発表。大正3年退職し,外国文学の翻訳のほか,東京を回想する随筆や父にかんする研究資料をかいた。昭和49年6月25日死去。79歳。東京出身。仏英和高女卒。著作に「瑞典(スウェーデン)のお伽噺不思議な旅」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林哥津の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android