コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林哥津 こばやし かつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林哥津 こばやし-かつ

1894-1974 明治-昭和時代の小説家。
明治27年11月20日生まれ。小林清親(きよちか)の5女。明治44年「青鞜(せいとう)」の編集助手となり,同誌を中心に戯曲「お夏のなげき」,小説「麻酔剤」などを発表。大正3年退職し,外国文学の翻訳のほか,東京を回想する随筆や父にかんする研究資料をかいた。昭和49年6月25日死去。79歳。東京出身。仏英和高女卒。著作に「瑞典(スウェーデン)のお伽噺不思議な旅」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林哥津の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android