コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林哥津 こばやし かつ

1件 の用語解説(小林哥津の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林哥津 こばやし-かつ

1894-1974 明治-昭和時代の小説家。
明治27年11月20日生まれ。小林清親(きよちか)の5女。明治44年「青鞜(せいとう)」の編集助手となり,同誌を中心に戯曲「お夏のなげき」,小説「麻酔剤」などを発表。大正3年退職し,外国文学の翻訳のほか,東京を回想する随筆や父にかんする研究資料をかいた。昭和49年6月25日死去。79歳。東京出身。仏英和高女卒。著作に「瑞典(スウェーデン)のお伽噺不思議な旅」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林哥津の関連キーワードポルトガル文学日清戦争日活(株)リーケの原理日清戦争ロシア映画ドイツ映画藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone