コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林正盛 こばやし しょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林正盛 こばやし-しょうせい

1876-1937 明治-昭和時代前期の僧。
明治9年6月11日生まれ。真言宗。東京護国寺の豊山中学校長,豊山派総本山長谷寺の宗務長などをへて昭和5年同寺能化(のうけ)となる。この間,佐賀県鹿島に覚鑁(かくばん)生誕の遺跡をさがしだし,大正2年誕生院を再興した。昭和12年6月18日死去。62歳。茨城県出身。新義派大学林卒,東京専門学校(現早大)卒。号は雨峰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林正盛の関連キーワード明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android