コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林益川理論 コバヤシマスカワリロン

デジタル大辞泉の解説

こばやしますかわ‐りろん〔こばやしますかは‐〕【小林益川理論】

昭和48年(1973)、小林誠益川敏英が提唱した素粒子物理学に関する基礎理論。基本粒子クオークが少なくとも3世代(6種類)以上存在することを予言し、それらの世代間混合を導入するとCP対称性の破れを説明できることを示した。2000年代に高エネルギー加速器研究機構ベル実験などで理論の正しさが検証され、平成20年(2008)に両氏ともノーベル物理学賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

小林益川理論の関連キーワードボトムクオーク加速器研究施設Bファクトリー対称性の破れチャーム粒子CP対称性トリスタン標準模型

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林益川理論の関連情報