コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林益川理論 コバヤシマスカワリロン

デジタル大辞泉の解説

こばやしますかわ‐りろん〔こばやしますかは‐〕【小林益川理論】

昭和48年(1973)、小林誠益川敏英が提唱した素粒子物理学に関する基礎理論。基本粒子クオーク少なくとも3世代(6種類)以上存在することを予言し、それらの世代間混合を導入するとCP対称性の破れを説明できることを示した。2000年代に高エネルギー加速器研究機構ベル実験などで理論の正しさが検証され、平成20年(2008)に両氏ともノーベル物理学賞を受賞した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小林益川理論の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰新藤兼人

小林益川理論の関連情報