コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林誠 こばやしまこと

6件 の用語解説(小林誠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林誠
こばやしまこと

[生]1944.4.7. 愛知,名古屋
理論物理学者。1967年名古屋大学理学部を卒業,1972年同大学院博士課程修了。京都大学助手,高エネルギー物理学研究所助教授を経て,1985年同教授,2003年高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所長,2006年同機構名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐まこと【小林誠】

[1944~ ]物理学者。愛知の生まれ。昭和48年(1973)、益川敏英と共同で「小林益川理論」を発表。基本粒子クオークが6種類以上存在すれば、宇宙の成り立ちにかかわる「CP対称性の破れ」の現象を理論的に説明できることを示した。平成13年(2001)文化功労者。平成20年(2008)、ノーベル物理学賞受賞。同年、文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小林誠【こばやしまこと】

物理学者。名古屋大学で坂田昌一らに学ぶ。素粒子論の分野で,小林・益川理論を提唱,クォークが3世代6種類以上存在することを理論的に説明,その後この理論は実験で検証された。
→関連項目ノーベル賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林誠 こばやし-まこと

1944- 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和19年4月7日生まれ。京大助手在任中の昭和48年,益川敏英(としひで)とともに六元クォーク模型を提唱し,60年学士院賞。同年高エネルギー物理学研究所(現高エネルギー加速器研究機構<KEK>)教授。平成13年文化功労者。15年KEK素粒子原子核研究所所長。20年「クォークが三世代以上あることを予言する対称性の破れの起源の発見」で益川敏英とともにノーベル物理学賞。同年文化勲章。22年学士院会員。愛知県出身。名大卒。著作に「消えた反物質」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

小林 誠


芸名
小林 誠

性別
男性

生年月日
1934/09/13

星座
おとめ座

干支
戌年

血液型
B

出身地
東京都

身長
160cm

体重
66kg

靴のサイズ
25.5cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
東京都出身。1957年東宝現代劇団員募集に1万数百名から20名合格に選出される。以後、俳優、タレントとして活躍。主な出演作品に、舞台『台所太平記』『女の遺産』『メリ・ウイドウ』『まり子自叙伝』『がめつい奴』、テレビ『勝海舟』『坊ちゃん』『ここに人あり』など。早稲田実業高校中退。特技は歌、司会、講演。趣味は映画、音楽、音楽、スポーツオーディオ

代表作品
舞台『おんなたちの同窓会』(2005) / 舞台『喜劇大吉夢家族』(2005) / 舞台『極楽町一丁目ー嫁姑地獄篇ー』(2004)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林誠
こばやしまこと
(1944― )

素粒子理論物理学者。愛知県名古屋市生まれ。1967年(昭和42)、名古屋大学理学部物理学科卒業。1972年に名大大学院理学研究科を修了して理学博士。京都大学理学部助手を経て、1979年に高エネルギー物理学研究所助教授。1985年に教授。1989年(平成1)に同研究所物理第二研究系研究主幹。同研究所の改組により、高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所物理第二研究系研究主幹、2006年より同研究機構名誉教授。
 名古屋大学で素粒子理論を研究していた坂田昌一(しょういち)の研究室で、大学院生として勉強していた。助手であった益川敏英(ますかわとしひで)らと盛んに激論を交わす。益川とともに京都大学で助手を務めていたころ、粒子と、電荷が反対の反粒子とで、壊れ方などに違いがあるという「CP対称性の破れ」が実験で確認されたと聞き、それがなぜかを説明できる理論を益川とつくりあげた。その過程で、原子核を構成する基本粒子である「クォーク」は6種類あることを予言。これが1973年に発表された「小林・益川理論」で、素粒子の性質を説明する「標準理論」の要(かなめ)になっている。6種類目のクォークは1994年にアメリカのフェルミ研究所で発見され、小林・益川理論は、さらに確かなものになっている。「クォークが自然界に少なくとも3世代以上あることを予言する、対称性の破れの起源の発見」により、2008年、益川敏英とともにノーベル物理学賞を受賞した。なお、素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れを発見した南部陽一郎も同時受賞した。2001年度の文化功労者。2008年文化勲章を受章。2010年学士院会員となった。[馬場錬成]
『小林誠著『消えた反物質 素粒子物理が解く宇宙進化の謎』(講談社ブルーバックス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林誠の関連キーワード小林市小林群馬県藤岡市小林別所町小林小林寒翠小林喜兵衛小林謙貞小林百哺小林正子小林桂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林誠の関連情報