コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林良典 こばやし よしすけ

美術人名辞典の解説

小林良典

鷹司家諸大夫、勤王家、安政大獄に連座、安政6年(1859)獄死、52才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林良典 こばやし-よしすけ

1808-1859 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化5年3月28日生まれ。鷹司(たかつかさ)家の諸大夫。関白鷹司政通(まさみち)に日米条約の勅許不可を説き攘夷に転向させる。将軍後継問題では一橋慶喜(よしのぶ)の擁立につくす。公卿(くぎょう)家司(けいし)中の最有力者と目されたが,安政の大獄で逮捕され,安政6年11月19日獄死した。52歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小林良典

没年:安政6.11.19(1859.12.12)
生年:文化3.3.28(1806.5.16)
幕末の公家家臣(鷹司家諸大夫)。鷹司家諸大夫小林元次と典薬頭小森頼望の娘叙子の子。弘化1(1844)年,民部権大輔となる。安政5(1858)年,条約勅許を主張する鷹司政通に入説し,勅許不可へとその態度を一変させた。安政の大獄(1858~59)によって逮捕され,江戸へ檻送。翌年,獄中にて死亡した。公家家臣中の最有力人物とみなされており,その捕縛は朝廷内に衝撃を与えた。一方,政通の関白在職中からの権臣として,才智・胆略もあり重用されたが,種々のことに関係して賄賂を貪ったため,人々は恐れて,「狼」あるいは「鷲」とも称したという。

(箱石大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone