鷹司(読み)たかつかさ

精選版 日本国語大辞典「鷹司」の解説

たかつかさ【鷹司】

五摂家の一つ。藤原姓。近衛家実の子兼平をとする。兼平邸が鷹司室町に所在したため鷹司氏を称す。兼平は建長四年(一二五二摂政となり、ついで関白となる。以後、子孫は相次いで摂政・関白となり、明治に至る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android