コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林茂雄 こばやし しげお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林茂雄 こばやし-しげお

?-? 幕末の砲術家。
小林大茂(おおしげ)の子。因幡(いなば)鳥取藩士。嘉永(かえい)元年(1848)父の命で周防(すおう)(山口県)岩国藩にいき,有阪長為(ありさか-ちょうい)に洋式砲術をまなぶ。さらに幕府の砲術教授下曾根(しもそね)金三郎に師事。鳥取藩の洋式砲術の先駆者といわれる。和歌もよくした。通称は辰蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林茂雄の関連キーワード小林 柯白小林大茂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林茂雄の関連情報