小概念不当周延虚偽(読み)しょうがいねんふとうしゅうえんのきょぎ

精選版 日本国語大辞典「小概念不当周延虚偽」の解説

しょうがいねんふとうしゅうえん‐の‐きょぎ セウガイネンフタウシウエン‥【小概念不当周延虚偽】

〘名〙 (fallacy of illicit minor の訳語) 定言的三段論法で、結論中の小概念が、小前提中のそれより広く周延することから起こる虚偽。たとえば「(大前提)すべてのがある。(小前提)ある動物は鳥である。ゆえに、すべての動物は翼がある」では、小前提の小概念は「ある動物」であるのに、結論では「すべての動物」となり、より広く周延するため、虚偽となる。小名辞不当周延の虚偽。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android