コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周延 しゅうえんdistribution

翻訳|distribution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周延
しゅうえん
distribution

形式論理学の用語。ある命題において,その判断が主張することが,主語または述語となっている概念外延全体について成り立つ場合,この概念は延しているといい,一部についてしか成り立たない場合は周延していないという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐えん〔シウ‐〕【周延】

形式論理学で、命題がそこに含まれる概念の外延全部に主張されていること。例えば、「すべての人は動物である」において、「人」は周延されているが「動物」は周延されていない。また、「すべての人は植物ではない」においては、「人」も「植物」も周延されている。周布。拡充。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうえん【周延】

( 名 ) スル 〔distribution〕
〘論〙 命題の主張が、命題を構成するある概念の全外延に及ぶこと。「すべての S は P である」という判断では、 S のみが周延されているが、「すべての S は P でない」という判断では、 S も P も周延されている。拡充。周布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

周延の関連キーワード大概念不当周延の虚偽不当周延の誤謬不当周延の虚偽形式論理学丑の時参り吉川 霊華豊原国周吉川霊華豊原周延楊洲周延白縫譚換位法不周延

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周延の関連情報