コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉 又次郎 コイズミ マタジロウ

20世紀日本人名事典の解説

小泉 又次郎
コイズミ マタジロウ

明治〜昭和期の政治家 衆院副議長;逓信相;衆院議員(日本進歩党);貴院議員(勅選)。



生年
慶応1年5月17日(1865年)

没年
昭和26(1951)年9月24日

出身地
神奈川県

学歴〔年〕
交郷校卒

経歴
鳶職の家に生まれる。小学校教師、地方新聞記者を経て横須賀市議、神奈川県議。明治41年以来、衆院議員当選12回。立憲同志会から憲政会に属し、幹事長、総務を務めて普選、護憲運動に尽力。大正13年〜昭和2年衆院副議長に就任、党籍離脱の先例を作る。3年民政党幹事長、翌年浜口内閣・第2次若槻内閣の逓信相。その後再び幹事長。9年横須賀市長。14年内閣参議。戦時中は翼賛政治会顧問、同代議士会長、小磯国昭内閣顧問などを務めた。20年勅選貴院議員。著書に「普選運動秘話」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

小泉 又次郎
コイズミ マタジロウ


肩書
衆院副議長,逓信相,衆院議員(日本進歩党),貴院議員(勅選)

生年月日
慶応1年5月17日(1865年)

出身地
神奈川県

学歴
交郷校卒

経歴
鳶職の家に生まれる。小学校教師、地方新聞記者を経て横須賀市議、神奈川県議。明治41年以来、衆院議員当選12回。立憲同志会から憲政会に属し、幹事長、総務を務めて普選、護憲運動に尽力。大正13年〜昭和2年衆院副議長に就任、党籍離脱の先例を作る。3年民政党幹事長、翌年浜口内閣・第2次若槻内閣の逓信相。その後再び幹事長。9年横須賀市長。14年内閣参議。戦時中は翼賛政治会顧問、同代議士会長、小磯国昭内閣顧問などを務めた。20年勅選貴院議員。著書に「普選運動秘話」など。

没年月日
昭和26年9月24日

家族
孫=小泉 純一郎(首相)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小泉 又次郎の関連情報