コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田晋 おだ すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田晋 おだ-すすむ

1933-2013 昭和後期-平成時代の精神医学者。
昭和8年7月28日生まれ。東京医歯大,独協医大の助教授をへて,昭和52年筑波大教授となる。平成9年国際医療福祉大教授。13年帝塚山学院大教授。犯罪精神医学を専門とし,日航機羽田沖墜落事故の片桐機長や新潟県柏崎市の女性監禁事件犯人の精神鑑定を担当,オウム真理教元幹部の心理鑑定にもかかわった。平成25年5月11日死去。79歳。大阪出身。岡山大卒。著作に「文化と精神医学」「日本の狂気誌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小田晋【おだすすむ】

精神科医・医学者。大阪府生れ。岡山大学医学部を卒業し,東京医科歯科大学大学院を修了。東京医療少年院や東京少年鑑別所の技官を経て,東京医科歯科大学助教授や筑波大学教授などを務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

小田晋の関連キーワードオウム真理教事件ローハイム性犯罪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android