コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田長四郎(初代) おだ ちょうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田長四郎(初代) おだ-ちょうしろう

1782-1862 江戸時代後期の機業家。
天明2年生まれ。文化元年生竜紋(きりゅうもん)地をおる。のち西陣織の職人の協力をえて銘仙,紬(つむぎ),袴地(はかまじ)などを製作。越後(えちご)(新潟県)村上藩は銘仙役所を設置して長四郎に指導させた。のちその製品は村上縞(じま)とよばれ,江戸で好評を博した。文久2年8月死去。81歳。越後出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小田長四郎(初代)の関連キーワードフェイト東南アジア史(年表)サイゴン条約黒住教天明の飢饉モーツァルトフェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android