小祥忌(読み)しょうしょうき

  • しょうしょうき セウシャウ‥
  • しょうしょうき〔セウシヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「祥」は凶服から吉服に着かえる意) 人の死後満一年目の命日の法要。一周忌。小祥。
※東海一漚別集(1375頃)朝倉徳岩居士小祥忌拈香「茲逢小祥忌追厳修冥福

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android