コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原貞嘉 おがさわら さだひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原貞嘉 おがさわら-さだひろ

1839-1860 幕末の大名。
天保(てんぽう)10年2月29日生まれ。小笠原貞哲(さだとし)の4男。兄貞謙(さだよし)の死により,嘉永(かえい)4年豊前(ぶぜん)小倉新田藩(福岡県)藩主小笠原家7代となる。7年宗家小笠原忠徴(ただあきら)の養子となり,安政3年小倉藩主小笠原家8代。軍備の充実や殖産興業につくした。万延元年6月25日死去。22歳。名はのち忠嘉(ただひろ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原貞嘉の関連キーワード小笠原忠嘉

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android