小糠草(読み)こぬかぐさ

精選版 日本国語大辞典「小糠草」の解説

こぬか‐ぐさ【小糠草】

〘名〙 イネ科多年草。ヨーロッパ原産で、明治維新の頃牧草として移入され、のち各地の原野や山野に野生化している。稈は生し高さ七〇センチメートルぐらい。は長さ一〇~二〇センチメートル、幅約三ミリメートルの線形。夏、稈の先端に紫色の小を多数集めて長さ二〇センチメートルぐらいの円錐形の花穂をつける。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小糠草」の解説

こぬか‐ぐさ【小×糠草】

イネ科の多年草。原野に群生し、高さ0.6~1メートル。葉は線形。夏、紫色がかった小さな穂を多数円錐状につける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「小糠草」の解説

小糠草 (コヌカグサ)

学名Agrostis palustris
植物。イネ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android