コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小脳橋角部腫瘍 しょうのうきょうかくぶしゅよう cerebellopontine angle tumor

1件 の用語解説(小脳橋角部腫瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小脳橋角部腫瘍
しょうのうきょうかくぶしゅよう
cerebellopontine angle tumor

小脳と橋 (→橋腫瘍 ) とが角をなす部位に生じる腫瘍をいう。全頭蓋内腫瘍の約 10%を占め,その 80%までが聴神経鞘腫である。良性腫瘍で 30~60歳に好発し,女性にやや多い。症状は難聴,耳鳴から始り,腫瘍が増大するにつれて,顔面の神経麻痺感覚障害が起ってくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小脳橋角部腫瘍の関連キーワード後脳脳幹仇をなす恐れをなす重きをなす子仲をなす皮質山をなす子中をなす信をなす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone