コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小脳橋角部腫瘍 しょうのうきょうかくぶしゅようcerebellopontine angle tumor

1件 の用語解説(小脳橋角部腫瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小脳橋角部腫瘍
しょうのうきょうかくぶしゅよう
cerebellopontine angle tumor

小脳と橋 (→橋腫瘍 ) とが角をなす部位に生じる腫瘍をいう。全頭蓋内腫瘍の約 10%を占め,その 80%までが聴神経鞘腫である。良性腫瘍で 30~60歳に好発し,女性にやや多い。症状は難聴,耳鳴から始り,腫瘍が増大するにつれて,顔面の神経麻痺感覚障害が起ってくる。そのほか,この小脳橋角部には髄膜腫,クモ膜嚢胞,血管性腫瘍,類上皮腫なども発生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone