コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋腫瘍 きょうしゅようpontine tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋腫瘍
きょうしゅよう
pontine tumor

脳幹部腫瘍ともいう。橋部に生じる脳腫瘍をいい,主として小児に発生する。橋部にある脳神経核や,橋部を通過する種々の神経路が侵されるので,顔面の表情筋が麻痺し,眼球運動障害,咀しゃく困難,四肢麻痺が起り,ついには呼吸筋麻痺など,広範な麻痺へと徐々に進行する。最近はコンピュータ断層撮影の出現によって,比較的早期に確定診断ができるようになったが,多くは摘出手術が不可能な部位なので,ときに放射線療法を行うが,無効のことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

橋腫瘍の関連キーワード小脳橋角部腫瘍脳橋症候群

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android