コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋腫瘍 きょうしゅよう pontine tumor

1件 の用語解説(橋腫瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋腫瘍
きょうしゅよう
pontine tumor

脳幹部腫瘍ともいう。橋部に生じる脳腫瘍をいい,主として小児に発生する。橋部にある脳神経核や,橋部を通過する種々の神経路が侵されるので,顔面の表情筋が麻痺し,眼球運動障害,咀しゃく困難,四肢麻痺が起り,ついには呼吸筋麻痺など,広範な麻痺へと徐々に進行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋腫瘍の関連キーワード悪性腫瘍腫瘍膀胱腫瘍抗腫瘍活性腫瘍発生結膜の腫瘍間脳腫瘍骨転移癌卵巣囊腫原発性脳腫瘍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone