コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西如清 こにし じょせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西如清 こにし-じょせい

?-? 織豊時代の商人。
小西隆佐(りゅうさ)の長男。小西行長(ゆきなが)の兄。天正(てんしょう)(1573-92)の中ごろ法華宗徒からキリシタンとなる。父とともに堺の豪商として豊臣秀吉につかえ,政商として活躍。堺政所(まんどころ)をつとめる。千利休門下として茶の湯もよくした。通称は弥十郎,清兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小西如清の関連キーワード小西隆佐

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小西如清の関連情報