コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小規模事業者経営改善資金融資制度 ショウキボジギョウシャケイエイカイゼンシキンユウシセイド

1件 の用語解説(小規模事業者経営改善資金融資制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうきぼじぎょうしゃけいえいかいぜんしきん‐ゆうしせいど〔セウキボジゲフシヤケイエイカイゼンシキン‐〕【小規模事業者経営改善資金融資制度】

経営基盤が脆弱(ぜいじゃく)な小規模事業者を対象に、日本政策金融公庫が資金を低利で貸し出す制度。経済産業省の施策。従業員数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の事業者が対象で、担保・保証人とも不要。マル経融資制度。
[補説]平成21年(2009)4月、自民党政府による経済危機対策に同融資制度の拡充が盛り込まれ、融資限度額が1000万円から1500万円に引き上げられ、返済期間も延長された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone