コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小谷芙美 こたに ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小谷芙美 こたに-ふみ

灰谷健次郎の児童文学「兎の眼」の主人公。
新卒で結婚早々の小学校教師。問題行動をする子供や塵芥(じんかい)処理所の長屋にすむ人々とのふれあいを通じて,人間的な成長をとげる。作品は昭和49年に刊行。教師の内面や葛藤がなまなましくえがかれている作品として共感をよび,ミリオンセラーとなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小谷芙美の関連キーワード灰谷健次郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android