小谷芙美(読み)こたに ふみ

  • 小谷芙美 こたに-ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

灰谷健次郎の児童文学「の眼」の主人公。
新卒で結婚早々の小学校教師。問題行動をする子供や塵芥(じんかい)処理所の長屋にすむ人々とのふれあいを通じて,人間的な成長をとげる。作品は昭和49年に刊行。教師の内面葛藤がなまなましくえがかれている作品として共感をよび,ミリオンセラーとなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android