コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小越船 こごしぶね

大辞林 第三版の解説

こごしぶね【小越船】

江戸時代から明治時代に、伊勢湾を主とする海運に就航した百石積前後の小型廻船。弁才船の上部構造を簡素にした一枚帆の和船で、瀬戸内のいさば船や関東地方の五大力ごだいりき船に相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android