コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁才船 べざいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁才船
べざいせん

江戸時代の海運の主力として全国的に活躍した代表的な廻船の船型呼称。俗に千石船と呼ばれたのはこの形式で,弁才造りともいい,一本水押 (みよし。1本の長大な部材で構成された船首) ,三階造り,垣立 (かきだつ) ,艫 (とも) やぐら,外艫などに一見してそれとわかる特徴がある。瀬戸内海を中心に発達した典型的な内航用の船であったが,17世紀中頃から帆走専用船に脱皮し,1本マストの横帆船ながら帆走性能を向上させて経済性の高い商船になった。そのため海運の合理化を実現し,その技術は全国的に普及して 18世紀以後は廻船といえば弁才船をさすほどになり,さらに 1000石積み級の普及によって千石船の俗称を生んだ。菱垣廻船樽廻船北前船などもすべてこの船型であり,使用目的に応じた細部の相違があるにすぎない。明治以後も,その経済性の高さから西洋型帆船を押え,明治 30年代まで沿岸の物資輸送に使用され,やがて合の子船へと発展的解消をとげていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べざい‐せん【弁才船/弁財船】

江戸時代に内航海運で活躍した和船の形式。船底材の先に船首材、後ろに幅広の戸立てをつけ、三段の外板などを組み合わせ、四角帆1枚を用いるもの。帆走性能がよく、少数の乗組員で運航できるため、瀬戸内海を中心に発達して普及。菱垣(ひがき)廻船樽(たる)廻船北前船などに用いられた。千石船。べざいぶね。べんざいせん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弁才船の関連キーワード菱垣廻船(菱垣回船)樽廻船(樽回船)弁才・弁財日本形船はがせ船小越船二成船朝鮮船北国船菱垣