コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野権之丞 おの ごんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野権之丞 おの-ごんのじょう

1818-1889 幕末の武士。
文化15年4月9日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。文久2年京都守護職となった藩主松平容保(かたもり)にしたがい,京都で公用人として公武間の折衝にあたる。次席家老として戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍とたたかう。降伏後,下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)に幽閉されたが,のちにゆるされた。明治22年4月2日死去。72歳。名は義忠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野権之丞の関連キーワードサウド家森鴎外スネレン近・現代ラテンアメリカ史(年表)内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android