コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野権之丞 おの ごんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野権之丞 おの-ごんのじょう

1818-1889 幕末の武士。
文化15年4月9日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。文久2年京都守護職となった藩主松平容保(かたもり)にしたがい,京都で公用人として公武間の折衝にあたる。次席家老として戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍とたたかう。降伏後,下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)に幽閉されたが,のちにゆるされた。明治22年4月2日死去。72歳。名は義忠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野権之丞の関連キーワードサウド家森鴎外スネレン近・現代ラテンアメリカ史(年表)内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android