コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野田小一郎 おのだ こいちろう

1件 の用語解説(小野田小一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野田小一郎 おのだ-こいちろう

1779-1846 江戸時代後期の武士。
安永8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩家老。藩主井伊直中・直亮(なおあき)につかえる。晩年は絹屋半兵衛の窯を藩の御用窯とし,湖東焼を創始した。詩文にすぐれ頼山陽,梁川星巌(やながわ-せいがん)とまじわった。弘化(こうか)3年1月15日死去。68歳。本姓は宇津木。名は為典。字(あざな)は舜卿。号は簡斎,赤松園。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小野田小一郎の関連キーワード稲村三羽小林歌城池田寛親片山辰世鈴木宗休高田亘津田鳳卿中島竹道柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone