コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野田小一郎 おのだ こいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野田小一郎 おのだ-こいちろう

1779-1846 江戸時代後期の武士。
安永8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩家老。藩主井伊直中・直亮(なおあき)につかえる。晩年は絹屋半兵衛の窯を藩の御用窯とし,湖東焼を創始した。詩文にすぐれ頼山陽,梁川星巌(やながわ-せいがん)とまじわった。弘化(こうか)3年1月15日死去。68歳。本姓宇津木。名は為典。字(あざな)は舜卿。号は簡斎,赤松園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野田小一郎の関連キーワード浦上玉堂産業革命史(年表)後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android