コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野田小一郎 おのだ こいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野田小一郎 おのだ-こいちろう

1779-1846 江戸時代後期の武士。
安永8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩家老。藩主井伊直中・直亮(なおあき)につかえる。晩年は絹屋半兵衛の窯を藩の御用窯とし,湖東焼を創始した。詩文にすぐれ頼山陽,梁川星巌(やながわ-せいがん)とまじわった。弘化(こうか)3年1月15日死去。68歳。本姓は宇津木。名は為典。字(あざな)は舜卿。号は簡斎,赤松園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野田小一郎の関連キーワード浦上玉堂カージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇浦上春琴浦上春琴新清和院浦上春琴

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone