コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野馬養 おのの うまかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野馬養 おのの-うまかい

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
大宝4年(704)式部少丞(しょうじょう)のとき,慶雲(きょううん)改元のきっかけとなった慶雲の出現を報告。造平城京司次官などをへて,養老2年遣新羅(しらぎ)大使となり,3年に帰国後,按察使(あぜち)をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野馬養の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android