コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野馬養 おのの うまかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野馬養 おのの-うまかい

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
大宝4年(704)式部少丞(しょうじょう)のとき,慶雲(きょううん)改元のきっかけとなった慶雲の出現を報告。造平城京司次官などをへて,養老2年遣新羅(しらぎ)大使となり,3年に帰国後,按察使(あぜち)をつとめた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小野馬養の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android