コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小長谷清実 こながや きよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小長谷清実 こながや-きよみ

1936- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和11年2月16日生まれ。上智大在学中の昭和32年詩誌「氾」同人となり,卒業後,電通に勤務。52年ありふれた生活的題材を並列しつつユーモアのきいた社会批判をしめす詩集小航海26」でH氏賞。平成3年「脱けがら狩り」で高見順賞,19年「わが友、泥ん人」で現代詩人賞。静岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小長谷清実の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android