小長谷清実(読み)こながや きよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小長谷清実 こながや-きよみ

1936- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和11年2月16日生まれ。上智大在学中の昭和32年詩誌「氾」同人となり,卒業後,電通に勤務。52年ありふれた生活的題材を並列しつつユーモアのきいた社会批判をしめす詩集小航海26」でH氏賞。平成3年「脱けがら狩り」で高見順賞,19年「わが友、泥ん人」で現代詩人賞。静岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小長谷清実の関連情報