小頭(読み)こがしら

精選版 日本国語大辞典「小頭」の解説

こ‐がしら【小頭】

〘名〙 軍隊、捕り方、火消しなどの部隊編成において大頭(おおがしら)の下に属する小部隊の。⇔大頭(おおがしら)
※信玄全集末書(1663頃か)上「近習二百八十五騎は六番に分るなり、一番に、大頭一騎、小頭一騎」
浄瑠璃・伊賀越道中双六(1783)八「見兼ねてかけ寄る捕手の小頭」

こ‐つぶり【小頭】

〘名〙 (「こ」は接頭語) くび。かしら。あたま。特に、小さい頭。また、首を卑しめていう語。
※俳諧・古活字版大本犬筑波集(1532頃)雑「にぎりこぶしにちかきこつふり 新発意が二わうのかたにとびあがり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小頭」の解説

こ‐がしら【小頭】

大頭(おおがしら)の下に属し、小集団をまとめる長。「火消しの小頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小頭の言及

【若者組】より

…加入に際し,まれには肉体的な試練を課せられた例もある。 若者組の組織は,ふつう最年長の若者頭のほか,数名の小頭(こがしら)といった役員がおかれ,脱退直後の者が中老(ちゆうろう)として顧問役をした。さらに,B型の若者組の内部構造は明確な年齢階梯制をなしていた。…

※「小頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android