コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火消し ヒケシ

2件 の用語解説(火消しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐けし【火消し】

火を消すこと。特に、火災を消しとめること。また、それをする人。
もめごとや危機などの解決に乗り出すこと。また、その人。「発言の意図が誤解されていると火消しに走る」
[補説]政界では、政党関係者の発言や問題提起が予想にない反発を受けたため、関係者がもみ消しにかかることをいう。
江戸時代の消防組織。また、それに属する人。江戸には定火消(じょうびけ)し大名火消し町火消しがあった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひけし【火消し】

火を消すこと。
火災を消しとめること。また、それを職務とする者。消防士。
江戸時代の消防組織。また、それに所属する人。定火消し・大名火消し・町火消しなど。
騒動などの鎮め役。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火消しの関連情報