コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火消し ヒケシ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐けし【火消し】

火を消すこと。特に、火災を消しとめること。また、それをする人。
もめごとや危機などの解決に乗り出すこと。また、その人。「発言の意図が誤解されていると火消しに走る」
[補説]政界では、政党関係者の発言や問題提起が予想にない反発を受けたため、関係者がもみ消しにかかることをいう。
江戸時代の消防組織。また、それに属する人。江戸には定火消(じょうびけ)し大名火消し町火消しがあった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひけし【火消し】

火を消すこと。
火災を消しとめること。また、それを職務とする者。消防士。
江戸時代の消防組織。また、それに所属する人。定火消し・大名火消し・町火消しなど。
騒動などの鎮め役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火消しの関連キーワード刺し子半纏・刺子半纏・刺し子半纒・刺子半纒纏持ち・纏持・纒持ち・纒持火事と喧嘩は江戸の花火事と喧嘩は江戸の華道具持ち・道具持伊呂波組町火消し盲長屋梅加賀鳶消し壺・消し壷消し口を取る江戸木遣り唄本組み・本組新門辰五郎火消し同心火消し頭巾方角火消し炭壺・炭壷刺子半纏手子の衆定火消し火事羽織

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火消しの関連情報