コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火消し ヒケシ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐けし【火消し】

火を消すこと。特に、火災を消しとめること。また、それをする人。
もめごとや危機などの解決に乗り出すこと。また、その人。「発言の意図が誤解されていると火消しに走る」
[補説]政界では、政党関係者の発言や問題提起が予想にない反発を受けたため、関係者がもみ消しにかかることをいう。
江戸時代の消防組織。また、それに属する人。江戸には定火消(じょうびけ)し大名火消し町火消しがあった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひけし【火消し】

火を消すこと。
火災を消しとめること。また、それを職務とする者。消防士。
江戸時代の消防組織。また、それに所属する人。定火消し・大名火消し・町火消しなど。
騒動などの鎮め役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火消しの関連キーワード刺し子半纏・刺子半纏・刺し子半纒・刺子半纒纏持ち・纏持・纒持ち・纒持火事と喧嘩は江戸の花火事と喧嘩は江戸の華道具持ち・道具持伊呂波組町火消し盲長屋梅加賀鳶消し壺・消し壷本組み・本組消し口を取る江戸木遣り唄火消し同心新門辰五郎火消し頭巾方角火消し炭壺・炭壷火消し役火事装束江戸時代刺子半纏

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火消しの関連情報