コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新発意 しんぼっち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新発意
しんぼっち

菩提心を起して仏道の修行に入ること。浄土真宗では,得度した若い男子をと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ぼち【意】

《「しんぼち」の撥音の無表記》出家して間もない人。
「かの国の前の守、―の、女(むすめ)かしづきたる家、いといたしかし」〈若紫

しん‐ぼち【新意/新発】

発心(ほっしん)してになったばかりの人。仏門に入ってから間もない人。しぼち。しんぼっち。

しん‐ぼっち【新意】

しんぼち(新発意)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぼち【新発意】

「しんぼち(新発意)」の撥音「ん」の無表記。 「かの-が御迎へのやうなる釣舟も/増鏡 月草の花

しんぼち【新発意】

〔「しんぼっち」 「しぼち」とも〕
〘仏〙
新たに悟りを求める心を起こすこと。初発心。
僧になったばかりの者。仏道に志して日数の少ない者。
浄土真宗で、寺の住職の子で僧となった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新発意の言及

【御茶の水】より

…出家狂言。寺の住持が,新発意(しんぼち)(出家して間もない少年)に命じて,野中の清水へお茶の水をくみにやろうとする。が,新発意が言いつけにそむくので,住持は門前のいちゃ(若い女の通り名)に行かせる。…

※「新発意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新発意の関連キーワード杵屋喜三郎(6代)中村勘三郎(2代)中村勘三郎(2世)杵屋喜三郎(7代)良う・善う・能う相撲も立つ方猿若勘三郎中村勘三郎能力頭巾和田賢秀はんや舞赦免地踊御茶の水笑止がる菩提心源満仲初発心祭頭祭寿狂言南条踊

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android