コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大頭 オオアタマ

5件 の用語解説(大頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐あたま〔おほ‐〕【大頭】

大きな頭。また、頭の大きな人。
主だった人々。かしら分。
「―連中にも、賭博(ばくち)をやる、国家の機密を握って相場をやる」〈蘆花黒潮
金持ち。
「向うは―ですから」〈漱石吾輩は猫である

おお‐がしら〔おほ‐〕【大頭】

旗ざおの先に飾る、黒毛の牛馬の尾や墨染めの苧(お)を束ねて垂らしたもの。即位・禊(みそぎ)などの儀式に使用。おにがしら。大纛(たいとう)。
ある集団の全体を統率する長。→小頭(こがしら)
キツツキ目オオガシラ科の鳥の総称。頭が大きく、ずんぐりして見え、ゴシキドリに似る。約30種が熱帯アメリカに分布。アメリカ五色鳥。
幕下筆頭力士の称。

だい‐がしら【大頭】

幸若舞(こうわかまい)の流派の一。室町末期から江戸初期にかけて栄えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおがしら【大頭】

多人数の集団の長。 → 小頭こがしら
儀仗の旗の竿の先につける、旄牛ぼうぎゆう(=ヤク)の尾の黒毛のふさ。のちには牛や馬の毛、黒染めの苧を用いた。鬼頭おにがしら。大纛たいとう。 「 -などいひて、例のおそろしげに筋ふとき紙縒りて/栄花 著るは佗し

だいがしら【大頭】

幸若舞こうわかまいの一派。山本四郎左衛門を流祖とする。室町末期から江戸初期に盛行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大頭の関連キーワード黒毛舌馬尾馬の尾結び牙旗竿の先に鈴鳥竿半旗折掛け旗旗竿地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大頭の関連情報