コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鷹ふさ おだか ふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小鷹ふさ おだか-ふさ

1912- 昭和時代後期の作家,俳人。
大正元年10月20日生まれ。第二次大戦後まもなく郷里の岐阜県高山で農業のかたわら俳句をはじめ,句誌雲母」の同人となる。昭和46年夫の祖母ぬいからきいた昔話をまとめ,「飛騨(ひだ)のかたりべぬい女物語」を出版した。高山高女卒。旧姓中島

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小鷹ふさの関連キーワード俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android