コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鹿島右衛門 おがしま うえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小鹿島右衛門 おがしま-うえもん

1827-1893 幕末の武士。
文政10年生まれ。肥前大村藩(長崎県)家老大村顕忠の養子となり家督をつぐ。藩校五教館の学頭監察をつとめる。戊辰(ぼしん)戦争では,大隊長として秋田など各地を転戦して活躍する。明治2年小鹿島に改姓して権(ごんの)大参事心得。明治26年12月25日死去。67歳。本姓稲田。名は公尚。通称は別に三郎,翁助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小鹿島右衛門の関連キーワード東京大学黒田清輝ウィグモア北村透谷E. ロッドカニング冬の旅ゴーブルブラックマーティン

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android