小鹿田焼の里(読み)おんたやきさと

事典 日本の地域遺産の解説

(大分県日田市)
重要文化的景観」指定の地域遺産。
「小鹿田焼の里」(おんたやきさと)は、英彦山系を源とする大浦川及び五色谷川によって形成された谷間で営まれる窯業や農業といった生業が当地での生活の在り方を示す文化的景観

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android