小鹿田焼(読み)おんたやき

  • 小鹿田焼(おんたやき)

事典 日本の地域遺産の解説

(大分県日田市源栄町皿山)
おおいた遺産」指定の地域遺産。
皿山の小鹿田地域で伝承される民陶。1705(宝永2)年頃始まったとされる。技法は国指定重要無形文化財

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典内の小鹿田焼の言及

【日田[市]】より

…このほか私塾咸宜(かんぎ)園跡や月隈(つきくま)城跡,日隈(ひのくま)城跡などの史跡にも恵まれ,耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園の一部になっている。市北郊の小鹿田(おんた)(皿山)は柳宗悦が見いだした〈民陶の里〉として知られ,1705年(宝暦2)筑前国小石原(こいしばる)村から伝えられたとされる打刷毛模様や点線模様に特色をもつ小鹿田焼を産する。久大本線が通じ,西部の夜明(よあけ)からは日田彦山線が分岐している。…

※「小鹿田焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小鹿田焼の関連情報