コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚賢思想 しょうけんしそう

世界大百科事典 第2版の解説

しょうけんしそう【尚賢思想】

才能ある者を尊崇するという主張であるが,中国ではこれが官吏の登用において強く唱えられた。つまり,世襲制に対して才能に応じて人材を抜擢せよとの考え方である。この思想を最も強く主張するのは《墨子》と《公羊伝(くようでん)》である。《墨子》は主に兄弟・父子・君長兼愛を説くが,これは世襲制,氏族制からの弱者の解放を根底としている。同じ基盤から庶民・奴隷にも才能に応じて官吏登用の門戸が開かれるべきとの主張がでてくるのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android