犬枕(読み)いぬまくら

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「犬」はにせものの意) にせものの「枕草子」。(二)の体裁にならって書かれたものもこう呼ばれた。
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)いなば「ある人、長短広峡の品、善悪好嫌のたぐひを、一つ書にあげて、犬まくらとなづけて、をかれし書を」
[2] 仮名草子。一冊。近衛信尹(のぶただ)側近の合作か。慶長一一年(一六〇六)頃成立。「枕草子」の「物は尽し」の形式により、「うれしき物」「かなしき物」等、七十余項目を箇条書きにし、末尾に狂歌を付す本もある。卑俗な記事が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android