コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就業機会 しゅうぎょうきかいjob opportunities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

就業機会
しゅうぎょうきかい
job opportunities

雇用機会ともいう。個人が労働サービスを提供しようとしても,企業側の職務に空席があるか,新たに雇用の場がつくりだされる場合以外には雇用されない。この空席と新規の雇用の場をさす。従来の経済理論では,労働移動は賃金の高低により起ると考えたが,現実の移動は,むしろ就業機会の有無が大きく影響していることが観察されている。失業についてみても,従来のように賃金が均衡賃金よりも高いから存在するのではなく,就業機会がないから発生すると考えられる。この考え方は UV分析などで理論化され,失業の就業機会説となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

就業機会の関連キーワード特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)リンケージ・プログラム建設労働者雇用改善法シルバー人材センター高年齢者雇用安定法デジタルデバイド失業なき労働移動ダイバーシティジョブ・サーチJターン現象短時間正社員失業対策事業東京(都)少子化問題タミル紛争農業近代化新経済政策地方創生法テレワーク美方[町]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

就業機会の関連情報