空席(読み)くうせき

精選版 日本国語大辞典「空席」の解説

くう‐せき【空席】

〘名〙
① 人のすわっていない席。あいている座席。
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉珈琲店のありさま其の雑事「巴里市数万軒の珈琲店、数億万の椅子、殆んど空席なし」
② 欠員になって、あいている職や地位。
※春興倫敦子(1935)〈福原麟太郎〉倫敦所見「今一つの空席は勿論 Poet Laureate の位置である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空席」の解説

くう‐せき【空席】

空いている座席。「会場内に空席が目立つ」「ハワイ便の空席を探す」
欠員となっている職や地位。「会長のポストはしばらく空席とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android