コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻宮 シリミヤ

デジタル大辞泉の解説

しり‐みや【尻宮】

隠された支障があってあとになって生ずる苦情
「どこからも―の来る気遣はないによって」〈円朝真景累ヶ淵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりみや【尻宮】

当面おもて立ってはいないが、あとで面倒になる支障。多く「尻宮が来る」の形で、苦情が持ち込まれることをいう。 「して見ればどこからも-の来る気遣はないによつて/真景累ヶ淵 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報