コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目見 めみえ

5件 の用語解説(目見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目見
めみえ

「御目見 (おめみえ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ま‐み【目見】

物を見る目つき。まなざし。
「水の底を深く眺め入り給へる―の気色」〈狭衣・二〉
目もと。
「うち腫れたる―も、人に見えむが恥づかしきに」〈・少女〉
目。まなこ。ひとみ。
「いといたう黒く垢づきて、―はおち入りたるやうに」〈読・雨月浅茅が宿

め‐みえ【目見/目見得】

[名](スル)
目上の人に会うこと。お目にかかること。「―を許される」→御目見(おめみえ)
奉公人が初めて主人の前に出てあいさつをすること。また、正式に雇われる前の試用期間。
「小間使が二人―に上った」〈円地女坂
芸者や妾(めかけ)になること。また、芸者や妾として主人に初めてあいさつをすること。
「お玉に―をさせると云うことになって」〈鴎外
俳優などが、初めて、または久しぶりに、舞台に立つこと。→御目見(おめみえ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まみ【目見】

目つき。目もと。 「見上げたる-には、人に否とはいはせぬ媚態あり/舞姫 鷗外

めみ【目見】

よく見ること。見張ること。また、その人。 「勝手から人の来る-して居る内に/浮世草子・歌三味線」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目見の関連キーワード謁見謁する参謁進上拝顔拝眉密会目に掛かる面謁面会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

目見の関連情報