コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目見 マミ

デジタル大辞泉の解説

ま‐み【目見】

物を見る目つき。まなざし。
「水の底を深く眺め入り給へる―の気色」〈狭衣・二〉
目もと。
「うち腫れたる―も、人に見えむが恥づかしきに」〈・少女〉
目。まなこ。ひとみ。
「いといたう黒く垢づきて、―はおち入りたるやうに」〈読・雨月浅茅が宿

め‐みえ【目見/目見得】

[名](スル)
目上の人に会うこと。お目にかかること。「―を許される」→御目見(おめみえ)
奉公人が初めて主人の前に出てあいさつをすること。また、正式に雇われる前の試用期間。
「小間使が二人―に上った」〈円地女坂
芸者や妾(めかけ)になること。また、芸者や妾として主人に初めてあいさつをすること。
「お玉に―をさせると云うことになって」〈鴎外
俳優などが、初めて、または久しぶりに、舞台に立つこと。→御目見(おめみえ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まみ【目見】

目つき。目もと。 「見上げたる-には、人に否とはいはせぬ媚態あり/舞姫 鷗外

めみ【目見】

よく見ること。見張ること。また、その人。 「勝手から人の来る-して居る内に/浮世草子・歌三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目見
めみえ

御目見」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

目見の関連キーワード揚がり座敷・揚り座敷我法師・和法師落合縫殿助正永長裃・長上下御目見得狂言御目見得奉公御目見得泥棒御目見得稼ぎ揚がり座敷逃れ・遁れ伊香保の沼目見得以上御目見以上御目見以下浮世草子御目見得垂乳しの目見以上白衣勤め小十人組