尻尾を掴む(読み)しっぽをつかむ

精選版 日本国語大辞典「尻尾を掴む」の解説

しっぽ【尻尾】 を=掴(つか)む[=掴(つか)まえる]

(ばけたの正体がしっぽによってわかるというところから) 他人の隠し事やごまかし、悪事などの証拠をにぎる。
※珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉三「優等卒業生は飛んだところで尻尾(シッポ)を捉(ツカマ)へられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尻尾を掴む」の解説

尻尾しっぽつか・む

他人のごまかしや悪事の証拠などを押さえる。「犯人の―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android