コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼焼 あまやき

大辞林 第三版の解説

あまやき【尼焼】

楽焼きの一。永正年間(1504~1521)、京都で楽焼きの祖とされる飴屋(阿米夜)の死後、その妻が比丘尼びくにとなって焼いたという楽焼き。初代長次郎、一入いちにゆうらの妻女の作った楽焼きをもさすことがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尼焼の関連キーワード阿米夜

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android