尾を見せる(読み)オヲミセル

デジタル大辞泉「尾を見せる」の解説

尾(お)を見(み)・せる

《化けた狐(きつね)がを出して正体を現す意から》今まで隠していた実態が現れる。やりくりに破綻(はたん)をきたす。尾を出す
「今までは化けたる―・せて、ここも道ふさがり」〈諸艶大鑑・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「尾を見せる」の解説

お【尾】 を 見(み)せる

「尾が見える」ようになる。ぼろを出す。しっぽを出す。尾を出す。尾を現わす。
※浮世草子・好色二代男(1684)五「今迄は化たる尾を見せて、爰(ここ)も道ふさがり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android