コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾羽毛 オバケ

デジタル大辞泉の解説

おば‐け〔をば‐〕【尾羽毛】

鯨の尾の部分。白色で脂肪が多い。食用おばいき。おばいけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

尾羽毛【おばけ】

鯨の尾の部分。肉は霜降りになっていて鯨肉中最も美味とされ,刺身になる。
→関連項目鯨肉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おばけ【尾羽毛】

クジラの脂皮を縦に薄切りにしたもの。やや黄色みのある白色。食用。おばき。おばいけ。おばいき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尾羽毛の言及

【クジラ(鯨)】より

…もっとも美味とされる〈尾の身(おのみ)〉は尾に近い部分の背肉で,霜降り状に脂があって軟らかく,刺身として珍重される。尾びれの部分は尾羽(おば),尾羽毛(おばけ∥おばいけ)などと呼ぶ。黒い皮に白い脂肪層をつけたまま売られたので皮鯨(かわくじら)ともいった。…

※「尾羽毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾羽毛の関連キーワード薄切りクジラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android