コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾頭 オカシラ

デジタル大辞泉の解説

お‐かしら〔を‐〕【尾頭】

尾と頭。
尾から頭までの長さ。
《「おがしら」とも》始めと終わり。
「―もない夢とのみうち興じて」〈漱石・思ひ出す事など〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかしら【尾頭】

(魚の)尾と頭。
尾から頭までの長さ。 「 -にて一尺二、三寸の中鯛なり/浮世草子・永代蔵 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尾頭の関連キーワードトリストラム・シャンディの生涯と意見日本料理/おもな調理用語名古屋トヨペット浜焼き・浜焼名古屋(市)妻木晩田遺跡向こう詰めあえのこと鯛の浜焼きタイ(魚)日暮小太夫キンメダイ浮世草子尾頭付き浜焼き年越し食初め新尾頭頭付き姿焼き

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾頭の関連情報