尾頭(読み)おかしら

精選版 日本国語大辞典「尾頭」の解説

お‐かしら を‥【尾頭】

〘名〙
※今昔(1120頃か)二八「亦、中の甕に鮨鮎の大きに広らかなるを尾頭許を押して卅許盛りたり」
※俳諧・猿蓑(1691)二「尾頭のこころもとなき海鼠(なまこ)哉〈去来〉」
② 尾から頭までの長さ。
※太平記(14C後)三五「此池に摩羯魚(まかつぎょ)とて尾首(ヲカシラ)五十丈の魚あり」
③ (「おがしら」とも。転じて、比喩的に) 始めと終わり。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一一「尾頭(ヲガシラ)もない夢とのみ打ち興じて済ましてゐた自分の無知に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尾頭」の解説

お‐かしら〔を‐〕【尾頭】

尾と頭。
尾から頭までの長さ。
《「おがしら」とも》始めと終わり。
「―もない夢とのみうち興じて」〈漱石・思ひ出す事など〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android