コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局所変成作用 きょくしょへんせいさようlocal metamorphism

岩石学辞典の解説

局所変成作用

局所変成作用は一般に火成岩による接触変成作用と同じような意味で扱われるが,考え方が異なり広域変成作用に対比された語である.局所変成作用には温度,応力,交代作用がそれぞれ関係する場合があり,これらが複雑に組み合わさって様々な作用となる.運動変成作用や破砕変成作用を含むことがある[Guembel : 1888, 片山ほか : 1940, 鈴木 : 1994].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android