コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触変成作用 せっしょくへんせいさようcontact metamorphism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触変成作用
せっしょくへんせいさよう
contact metamorphism

おもに貫入岩からの熱によって,これと接する岩石を,初めと違う性質に変える作用。熱変成作用ともいう。接触変成作用は熱の作用だけでなく,貫入岩から揮発性成分が加わることが多い。接触変成作用を受けた地域を接触変成帯という。接触変成作用は貫入岩の種類や岩体の大きさで,高温のものと比較的低温のものがあり,接触変成帯の幅も違い,貫入岩に近いほど変成作用が大きく,外側へ漸減する。大きな貫入岩体では広域変成帯が数十 kmに及び,深成岩では酸性岩の花崗岩が,塩基性岩の斑糲岩よりも広い変成帯を伴うことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せっしょく‐へんせいさよう【接触変成作用】

岩石中にマグマが貫入すると、接触部の温度が上昇し、鉱物組成や岩石の組織が変わること。熱変成作用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

接触変成作用【せっしょくへんせいさよう】

火成岩体(多くは花コウ岩バソリス)の貫入を受け,被貫入岩がその熱のために再結晶する作用。物理条件からみると熱が主要因なので,熱変成作用ともいう。
→関連項目接触変成帯変成作用

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

接触変成作用

マグマの貫入や噴出に関連して,火成岩体と接触するか近接することによって岩石が変化する変成作用である.必要な熱の供給源は近くにある花崗岩などの貫入岩体を推定することが多く,貫入マグマからの熱の供給を重視する場合が多い.熱は伝導によるだけでなく岩体から周囲へ放出される水などの揮発性成分によって運ばれる[Delesse : 1857].特殊変成作用(special metamorphism)[Delesse : 1857],並置変成作用(juxtaposition metamorphism)[Daubree : 1862].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくへんせいさよう【接触変成作用 contact metamorphism】

高温のマグマが貫入した時に周囲の堆積岩などの岩石が高温になり鉱物組成や岩石の組織に変化が生じる。このプロセスを総称して接触変成作用という。花コウ岩や玄武岩岩脈など貫入火成岩体の周囲の岩石にはふつうに起こる。接触変成作用をうけた岩石は花コウ岩体の周囲約100m内外にわたって広がっているのがふつうである。この広がりは中心の花コウ岩体が大きいほど大きくなる。一般に地下浅所で起こり,変成岩の組織には広域変成岩とは違って片理組織は見られない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せっしょくへんせいさよう【接触変成作用】

深成岩となるマグマの貫入に伴う温度の上昇による変成作用。熱変成作用。 → 広域変成作用

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接触変成作用
せっしょくへんせいさよう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

接触変成作用の関連キーワード曹長石緑簾石ホルンフェルス相ネプチュノフィロジェニック岩黄玉ブロッケンフェルス添加性接触変成作用気成接触変成作用アナフィリクシス圧接触変成作用テレコンタクトホルンフェルス緑岩レプタイトシェヴロン構造スカルン化作用エベンシナイトフルヒト片麻岩外因的変成作用デスモサイト空晶石粘板岩接触変成鉱床スカルン鉱物並列変成作用

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android