屋外広告物法(読み)おくがいこうこくぶつほう

百科事典マイペディア「屋外広告物法」の解説

屋外広告物法【おくがいこうこくぶつほう】

美観風致の維持公衆への危害防止のため,屋外広告物の表示の場所・方法,屋外広告物を掲出する物件設置などについて,必要な規制基準を定めることを目的とする法律(1949年)。具体的規制は都道府県条例で行う。なお,景観法制定(2004年)にともない,本法も改正され,屋外広告物の規制が強化された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android