コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋外広告物法 おくがいこうこくぶつほう

百科事典マイペディアの解説

屋外広告物法【おくがいこうこくぶつほう】

美観風致の維持と公衆への危害防止のため,屋外広告物の表示の場所・方法,屋外広告物を掲出する物件の設置などについて,必要な規制の基準を定めることを目的とする法律(1949年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

屋外広告物法の関連キーワード不公正取引治安立法景観法

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋外広告物法の関連情報