屠龍

デジタル大辞泉プラス「屠龍」の解説

屠龍(とりゅう)

第2次世界大戦時の日本軍の戦闘機「二式複座戦闘機」の愛称。初飛行は1941年。キ番号、キ45改。キ45改丙の最高速度は時速547キロメートル。“複座”がつくのは、二式単座戦闘機の「鍾馗(しょうき)」(キ44)と区別するため。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「屠龍」の解説

と‐りょう【屠龍】

〘名〙 龍を打ち殺すこと。実際にはのないことをたとえていう。
※空華集(1359‐68頃)一・即席用前韻謝厳海二書記志登二侍者「文章学得等屠龍、小艷吟成意欠濃」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android